外回り営業を効率化したい!成約率も上げる管理ツールの紹介

営業で外回りをするときは、効率を重視することが大切です。売上げアップに貢献するだけでなく、従業員の業務負担軽減にもつながるため、無駄をなくしましょう。 今回は、外回り営業の効率をあげる方法やメリットをご紹介します。あわせて効率アップに役立つおすすめのツールも解説しているため、ぜひ参考にしてください。


この記事は約6分で読み終わります。

外回り営業の効率化が重要な理由

外回り営業とは、お客様となる会社を訪問し、商談や打ち合わせをする業務をいいます。内勤と比較すると、営業担当者自ら一日の行動予定を立てて業務を進められる自由度が特徴です。

外回り営業を成功させるには、効率化が重要です。ここでは、外回り営業を効率化することで得られる効果について説明します。

コスト削減のため

企業活動におけるコスト削減は、利益に直結する要素であり、重要課題です。とくに、営業活動におけるコスト感覚は、営業担当者それぞれが持っておくべきといえます。

移動や業務の無駄を省いて外回り営業を効率化すると、交通費や人件費などのコストを削減できます。

商談1件あたりにかかるコストの削減を積み重ねることで、売上アップの可能性が広がるでしょう。

顧客満足度の向上につながる

効率良く外回り営業をすれば、商談にあてる時間を充分に確保でき、従来よりもお客様へのヒアリングや提案が丁寧にできるようになります。

お客様のニーズに合った的確な提案ができれば、成果や顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

従業員の負担を軽減するため

外回り営業の場合、繁忙期にはエリアを駆け回ることも多いです。断られたり追い返されたりと、体力的にも精神的にも、きつさを感じることがあるでしょう。

業務効率が良くなると、従来よりも少ない時間で同じ量の仕事がこなせるようになります。残業が発生している場合も改善できるなど、従業員の負担を減らすことができます。

削減できた時間を、休息などリフレッシュする時間に充てることもできるでしょう。士気の向上や労働環境の改善、離職率を下げることにも貢献します。

外回り営業を効率化する方法

外回り営業の効率化には、さまざまなメリットがあります。ですが、いままでのやり方をどう変えていけばいいのかわからないと悩む方は多いでしょう。

ここからは、外回り営業を効率化する方法を紹介します。

従業員の意識改革

効率アップのためにまずすべきことは、従業員の意識改革です。具体的な対策を取る前に、営業担当者一人ひとりに、効率化をはかる必要性を正しく理解させてください。

営業活動を効率化するには、地道な努力と小さな成果の積み重ねが必要です。営業を担当する従業員が取り組みに後ろ向きだと、なかなか定着せず、どんな対策をしても効果がでにくくなります。

移動ルートの改善

外回り営業で効率化できる要素として、移動時間も挙げられます。できるだけ短縮するため、移動ルートの見直しが必要です。

たとえば、エリアごとに最適な移動ルートを確立する、近場のお客様をまとめて訪問できるようにアポの取り方を見直すなどです。

できるだけ無駄のないルートで回れば、ある程度の時間を削減できます。それを積み重ねることで、より多くの顧客にアプローチできるようになるでしょう。

資料作成の時間短縮

営業活動のうち、時間をかけるべきは「お客様との商談や打ち合わせ」のみです。

それ以外の時間は、極力削減できないか検討しましょう。資料作成などの事前準備の工程でも、無駄がないかを見直します。

また、反復性の高い書類作成や手続きは「フォーマット化」が基本です。作業がスムーズになるツールの導入もおすすめします。

提案書や企画書の作成に役立つツールには、例えば以下のようなものがあります。

・プレゼン資料作成ツール
・企画書テンプレート
・損益分岐点
・マインドマップツール

準備にかける時間を事前に決めておくと、目標からのギャップが明確になるため、PDCAサイクルを回しやすいです。効果を分析したうえで、最適な改善策を模索しましょう。

管理ツールの活用

外回り営業の効率化を目指すなら、業務全体を効率化できる管理ツールの活用も選択肢のひとつです。顧客情報や営業の進捗情報を一括管理し、営業情報を社内で共有できるため、無駄を大幅に改善できるでしょう。

事前準備の時間短縮やリアルタイムで営業情報を把握できるため、帰社後の事後処理も簡単です。

外回り営業を効率化するなら「リストクラスターMaps」がおすすめ!

営業活動の効率化を目指すなら、リストクラスターMapsの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

リストクラスターMapsは、営業支援や顧客管理、エリアマーケティングを実現するマッピングツールです。

ここからは、リストクラスターMapsをおすすめする理由を4つ解説します。

最適な営業エリアを把握できる

リストクラスターMapsは、顧客リストからお客様の会社を地図上にマッピングでき、営業エリアを戦略的に把握できるのが魅力です。

営業に強いエリアや、お客様が少ない場所がわかるので、エリアの決定や新規開拓の際に役立ちます。事業拡大の際のヒントにもなるでしょう。

リピーター獲得率が向上する

外回り中でも、スマホから顧客情報を確認できます。Google Maps API for Businessで連携しているため誰でも使いやすく、定着率も期待できるでしょう。

外回り営業をしながら、前回の商談がどんな内容だったか、いつ訪問したかを手軽に確認できるため、営業担当者同士の情報格差や属人化を改善できます。

満足度の高い顧客対応が実現し、リピーター獲得率の向上にもつながるでしょう。

1日の訪問件数が増える

リストクラスターMapsを使うと、端末の位置情報もマッピングされます。営業の責任者が、外回り中の従業員のいる場所や進捗状況を確認するのが簡単です。

また、従業員がいる場所に近い顧客をリストアップし、お互いにスマホで共有できるため、1日の訪問件数を伸ばすことができるでしょう。

精度の高い顧客リストを作成できる

リストクラスターMapsは独自の800万件のリストのなかから、必要な企業リストをネットから自動抽出できます。

フリーワードやカテゴリ指定などで細かくデータ検索でき、営業に役立つ精度の高い顧客リスト作りが実現するでしょう。

お問い合わせはこちら

まとめ

外回り営業の効率を良くすることは、顧客満足度を伸ばし、業績をあげるために必要な取り組みです。いまの外回りのやり方を見直して、できるところから改善を検討するのでもかまいません。

業務改善に役立つ便利なツールも活用しながら、外回り営業の効率アップを目指しましょう。