【営業リスト】購入するメリットと購入する際の注意点

営業リストを導入すれば営業活動の効率化を図れます。営業リストは購入することもできるため、比較的簡単に導入可能です。ただ、営業リストを購入するにあたって、メリットや注意点、自社に合っているかどうかを把握しておく必要があります。 ここでは、営業リストを購入するメリットと注意点について解説していきます。


この記事は約5分で読み終わります。

営業リストを購入するメリット

まず、営業リストを購入するメリットについて見ていきましょう。

作成コストを削減できる

営業リストを購入しない場合には自社内で作成することになります。そのための時間や人的コストを割かなければなりません。人手に余裕がない企業にとっては、手間がかかることはなるべく避けたいところです。

その点、営業リストを購入すれば自社内で作成する必要はなくなるでしょう。その分の人的リソースをほかのことに回すことができます。営業リストは低価格なものが多いため、費用の面でも購入する方が自社内で作成するよりも安く済むでしょう。

また、大半の営業リストは落とし切りのサービスです。サブスクリプションのように毎月費用がかかるわけではないため、ランニングコストも抑えられます。

購入後にしばらく期間が経過すると情報が古くなりますが、その際には再購入して新しい情報に更新することも可能です。

すぐに活用できる

営業リストを購入したら、納品までほとんど時間がかかりません。最短で翌日納品が可能な会社もあります。そのため、購入後すぐに営業活動に活用できるのがメリットです。

営業先が枯渇しそうなときには、非常に便利なサービスでしょう。自社内で営業リストを作成するとなれば、どうしても時間がかかってしまいます。

営業リストを購入する際の注意点

次に営業リストを購入する際に注意すべき点について見ていきましょう。

情報源が明らかであるか

営業リストには法人リストと個人リストがあります。法人リストの場合には、一般に公開されている情報をもとにして作られているケースが多いです。

たとえば、その法人の公式ホームページやプレスリリースなどに、誰でも閲覧できる形で情報が掲載されています。

しかし、個人の場合には法人と違い一般に情報が公開されていません。そのため、不正な手段で取得した情報をもとに作成した営業リストを購入してしまわないように注意が必要です。うっかりしていると、個人情報保護法に抵触するリスクがあります。

そのため、個人リストを購入する際には、情報の取得条件などに関して明確に説明されているかどうか確認しておきましょう。

必要な情報が記載されているか

営業リストの項目は業者や商品によって異なります。よく確認せずに購入してしまうと、いざ営業をかけようとする際に、自社に必要な情報が足りないことに気づくこともあるかもしれません。

そうなると、足りない項目については自社内で調べなければなりません。せっかく営業リストを購入しても手間がかかってしまい、効率が悪いでしょう。

そのため、営業リストを購入する際には、自社で営業活動をするのに必要な項目が全て記載されているかどうかを確認しなければなりません。たとえば、会社名と住所、電話番号、FAX番号、業種などの情報は最低限必要でしょう。

あわせて、営業リストに掲載されている情報が最新のものかどうかの確認も必要です。たとえば、オフィス移転をした会社の住所や電話番号が、移転前のまま更新されていないこともあります。社名が変更になった会社なども、旧社名のまま掲載されていることが稀にあるので注意しましょう。

自社にあった料金か

営業リストの料金は項目数やボリュームなどによりさまざまです。基本的に項目数が多ければ料金も高くなるため、自社にとって必要十分な項目の営業リストを選ぶようにしましょう。不要な項目があると、その分だけ無駄なコストがかかっていることになります。

また、オプションや追加料金などがかかる場合もあります。どういったときにいくらかかるのか、購入前に確認しておくのが望ましいです。

購入以外で営業リストを作成する方法

営業リストが必要な場合に、購入せずに自社内で作成することもできます。では、営業リストを作成する方法について見ていきましょう。

インターネット検索で情報を集める

インターネット検索を利用することで、企業の公式ホームページから住所や電話番号、代表者名などの情報を収集できます。地名と業種などのキーワードで検索すると、営業対象の企業がヒットしやすいでしょう。

ただし、1件ずつ公式ホームページから、営業対象になるかどうかを判断したり、情報を拾ったりするのは手間がかかります。そこで、国税庁の法人番号公表サイトを利用すると便利です。企業リストを無料でダウンロードできるため、効率良く営業リストを作成できます。

TwitterやFacebookなどのSNSを活用して情報収集するのも良いでしょう。売り込もうとしている商材と関連のあるアカウントなら、見込み客になる可能性が高いです。SNS上であらかじめコンタクトを取っておくことで、成約率アップにもつながるでしょう。

営業リスト作成ツールを使う

営業リスト作成ツールは、営業リスト作成に必要な作業の一部を自動化し、工数を削減できるツールのことです。

営業リスト作成ツールがあれば、自社内でも簡単に営業リストの作成ができるでしょう。AIを用いたサービスもあり、精度の面でも期待できます。

営業リスト作成ツールの導入を検討されている方は、リストクラスターの利用をご検討ください。必要な条件を設定するだけで、最新の情報を自動取得できるサーチターゲットエンジンを備えています。その対象は、800万件以上の独自の企業データベースとインターネットにある膨大なデータです。

リスト作成にかかる時間や手間を省いて、高品質な営業リストを素早く作成できます。コストも手間も抑えることができて、業務効率が大幅に上がるでしょう。営業の導入を検討しているなら、ぜひリストクラスターの利用を検討してみてください。

まとめ

営業リストは低価格で落とし切りのサービスが多く、単発でも利用しやすいです。すぐに活用できるため、営業先が枯渇しそうなときに役立つでしょう。

しかし、業者やプランによって情報量が異なります。購入の際には、自社に必要な情報が揃っているかどうかよくチェックしておくことが大切です。