クロージングまで依頼できる営業代行会社のメリット・デメリットとは

営業代行会社とは、企業の営業活動を代行してくれる会社のことです。しかし、「営業を他社に任せて大丈夫なのか」「どのようなメリットがあるのか」と疑問に思う人も多いでしょう。 この記事では、クロージングまで依頼できる営業代行会社を利用するメリット、デメリットについて解説します。また、営業代行会社を選ぶポイントについても紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。


この記事は約5分で読み終わります。

クロージングまで依頼できる営業代行会社を選ぶメリット

クロージングまで依頼できる営業代行会社を選ぶメリットは多くあります。ここでは、営業代行会社を選ぶメリットを3つ紹介します。

営業人材にかかるコストを変動費化できる

営業社員ひとりを雇うには多くのコストがかかります。人件費だけでなく、採用にいたるまでの時間や貸与するパソコン、携帯電話など、細かな経費も含めてコストは膨大です。

一方、営業代行サービスを利用することで必要最小限のコストに抑えられます。また、浮いたコストは事業活動に関わる費用に充てられます。

特に営業が必要のないときは依頼しなければコストは発生しません。必要なときにだけ集中して依頼すれば、効率良く営業活動を行えると言えます。

営業力の高い人材に任せることができる

営業は企業の利益に直結する重要な仕事です。営業で成果を得られなければ企業の存続も厳しくなるため、高い営業力をもった人材は欠かせません。

営業代行サービスは、営業力に特化したプロフェッショナルが在籍しています。豊富な営業の経験やノウハウを有しているため、依頼することで企業にとって満足のいく成果を得られやすいのがメリットです。

自社で営業の社員を一から育てるのは時間もかかりますし、教育コストもかかります。また営業職は「ノルマが達成できない」「体力的にハード」といった理由からすぐに退職してしまう人が多い傾向です。

社員教育の途中で退職してしまうと、教育コストも回収できないでしょう。

受注したときのみ費用を払えば良い

営業代行サービスの料金体系には大きく分けて、「固定報酬型」「成果報酬型」の2種類があります。

固定報酬型は、固定の報酬額を毎月営業代行会社に支払う料金形態です。基本的に営業活動の成果やフィードバックも固定料金の中に含まれています。

固定報酬型は費用の変動がないため、予算を組みやすいのがメリットです。しかし、成果が得られなかった場合にも費用が発生する点がデメリットとして挙げられます。

成果報酬型は、受注したときや成果が発生したときだけ報酬を支払う料金形態です。成果が出た場合のみ報酬が発生するため、余計な費用がかからないのがメリットとして挙げられます。

しかし、固定報酬型と比べると成果報酬の金額が高めに設定されているケースがあるため、成果が得られやすい商材を扱う場合には費用が多くかかる可能性もあるでしょう。

どちらの料金形態が適しているかは企業によって異なるため一概には言えませんが、コストパフォーマンスを求めるのであれば成果報酬型がおすすめです。

クロージングまで依頼できる営業代行会社を選ぶデメリット

営業代行会社に依頼するメリットは多くありますが、以下のようにいくつかデメリットもあります。

・営業活動が見えにくい
・柔軟な現場対応が難しい
・営業代行会社への依存度が高くなる
・情報漏洩のリスクがある
・自社営業社員のモチベーションが低下する
・専門知識が必要な業種は向いていない

自社の営業社員であれば連携も円滑で、どのように営業しているか聞きやすいでしょう。しかし、営業代行会社に委託すると、代行会社の社員がどのように営業を行っているのかを細かく知ることが難しくなります。

また営業代行会社は便利なサービスですが、依存してしまうと自社で営業のノウハウが得られなかったり、自社営業社員が育たなかったりします。

ほかにも、専門的な知識が必要な商材を扱う営業は、営業代行会社に委託するのが不向きな場合があります。営業代行会社を検討する際にはこちらの記事も参考にしてみてください。

営業リスト作成代行の依頼先3選!メリット・デメリットを解説

営業代行会社を選ぶ際のポイント

営業代行会社にもそれぞれ特徴があるため、選び方を知っておくことが大切です。ここでは、クロージングまで依頼できる営業代行会社を選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

自社が開拓したい地域に対応しているか

営業代行会社によって対応地域は異なります。まずは自社が開拓したい地域を明確にし、営業代行会社がそのエリアに対応しているか確認しましょう。

全国対応している営業代行会社であれば、自社の拠点がなくても幅広い地域に販路拡大できます。また、営業代行会社が得意とする地域かどうかも確認しておくと良いでしょう。

過去に近い業種で実績があるか

豊富な実績があるかどうかも重要なポイントです。実績の少ない会社に頼んでも、満足のいく成果が得られない可能性があります。実績が豊富にあれば、経験やノウハウも熟知しており、安心して任せられるでしょう。

また、自社と近い業種で実績があるかどうかも大切です。自社と近い業種で実績が多ければ、その分野の営業が得意であることが分かります。

出張対応など、業務内容に幅があるか

営業代行会社によってサービスの範囲は異なります。「遠方への出張対応」「リモート対応」など、依頼したいサービスに対応しているかも確認しましょう。また、料金プランも自社の予算に合っているか確認しておくことをおすすめします。

まとめ

営業代行会社に依頼することで、人件費を削減できるほか、営業力の高い人材に営業を任せられるメリットがあります。クロージングまで任せることで、企業の利益も向上するでしょう。

「営業活動を効率化したい」「契約率を上げたい」といったときには、BtoBのテレアポ代行サービス「sellmar」をご検討ください。テレアポ、テレマーケティングの豊富な経験とノウハウを熟知したスタッフが、企業の営業活動を支援いたします。