営業代行の費用相場とは?料金体系ごとのメリット・デメリットを比較!

営業代行では新規顧客開拓やアポイント獲得などの営業活動を委託することができます。営業担当者の採用・教育にかかるコスト削減や営業ナレッジの吸収といったメリットがありますが、利用するにはどれくらいの費用がかかるか気になる人も多いでしょう。 そこで今回は、営業代行の費用相場や料金体系別のメリット・デメリットなど、営業代行の費用について解説します。


この記事は約6分で読み終わります。

営業代行の費用の相場とは?料金体系別に紹介!

営業代行の料金体系には、主に「固定報酬型」「成果報酬型」「複合報酬型」の3種類があり、料金体系によって費用相場が異なります。それぞれの料金体系の特徴と費用相場について紹介します。

毎月決まった金額を支払う「固定報酬型」

固定報酬型とは、営業代行業者に毎月一律の料金を支払う料金体系のことをいいます。費用相場は派遣される営業パーソン1人あたり月額50万~70万円前後、日当だと25,000~35,000円程度が目安です。

成果に応じて報酬が発生する「成果報酬型」

成果報酬型とは「1件契約ごとに○○円」など、営業の成果に応じて報酬を支払う仕組みの料金体系です。営業の成果が出なければ、報酬は発生しません。

費用相場はどのような業務を依頼するかで異なります。たとえば、テレアポを依頼した場合の費用相場は、1アポイントメント取得ごとに15,000~25,000円程度が目安です。業者によって対応可能な業務や報酬が大きく異なるので、契約前によく確認しましょう。

ふたつを組み合わせた「複合報酬型」

複合報酬型とは、月額報酬型と成果報酬型を組み合わせた料金体系です。営業代行業者に一律の料金を支払いつつ、営業の成果が出た場合には追加で報酬を支払います。

月額報酬と成果報酬の割合は営業代行業者によって違うため、気になる業者をいくつかピックアップして比較してみましょう。

月額報酬分の費用相場は1人あたり25万~45万円程度です。成果報酬分は、業者によりばらつきがあります。

自社に合う料金体系はどれ?メリット・デメリットを把握しよう

先に紹介した3つの料金体系には、それぞれメリット・デメリットがあります。ここでは料金体系別のメリット・デメリット、それぞれの料金体系が向いている企業の特徴を紹介します。

固定報酬型

固定報酬型のメリット・デメリット、固定報酬型に向いている企業の特徴を紹介します。

メリット

固定報酬型には、安定した成果を得やすいというメリットがあります。固定で報酬を受け取る以上、営業代行業者は契約時に提示した成果を出さなくてはならないからです。

また、料金が固定されていることから、想定以上の成果が出た場合は高い費用対効果を得られるメリットもあります。成果以外にも、業務効率化や組織構築などの課題解決を依頼しやすいことも、固定報酬型のメリットといえるでしょう。

デメリット

前述したように、固定報酬型には、成果が上がるほど利益が増えるメリットがあります。一方で、思うような成果が出ない場合でも毎月一定の費用が発生します。

期待した成果が得られない場合は、コスト圧迫になってしまいます。

向いている企業の特徴

固定報酬型が向いているのは、以下のような企業です。

・短期スポットで営業代行を依頼したい
・着実な成果がほしい
・予算の上限を守りたい

成果報酬型

ここでは、成果報酬型のメリット・デメリット、成果報酬型に向いている企業の特徴について紹介します。

メリット

成果報酬型のメリットは、成果が出たときのみ報酬が発生することです。固定報酬型とは異なり、成果が出なかったときによけいなコストがかかりません。

デメリット

成果1件あたりの報酬が高めであることが成果報酬型のデメリットといえます。料金調整がむずかしいため、予想より成果が出た場合は予算をオーバーする可能性があります。

また、成果が出にくいことから優先順位を下げられ、なかなかアポが取れないことがあるのもデメリットのひとつです。

営業代行を依頼するときは、月の目標アポ数やアポイント基準が明確か、入念に営業リストを準備しているか、戦略的なターゲティングを行っているかなどの確認が必要です。

向いている企業の特徴

成果報酬型が向いているのは、以下のような企業です。

・受注数やアポイント数など、特定のプロセスでの成果を得たい
・粗利率が高い商品を扱っている
・比較的自由に予算を調整できる

複合報酬型

複合報酬型のメリット・デメリット、複合報酬型が向いている企業の特徴を解説します。

メリット

複合報酬型のメリットは、月額料金や成果1件あたりの報酬が安い傾向にあることです。毎月ある程度の固定費がかかりますが、成功報酬の割合が大きい業者に依頼すれば、コストを抑えやすいといえます。

デメリット

複合報酬型のデメリットは固定報酬型と同様で、思うような成果が出ていないときも費用が発生することです。固定報酬の割合が低い業者であっても、成果が出ていないのにコストがかかることに負担を感じることもあるでしょう。

向いている企業の特徴

複合報酬型は、固定報酬型と成果報酬型で紹介した「向いている企業の特徴」に該当する企業全般に向いています。

営業代行の費用を考えるときに注意したいこと

営業代行業者を選ぶときには、「どの料金体系か」「費用はいくらくらいかかるか」ということ以外にも、いくつかチェックしておきたいことがあります。

費用対効果の測定方法を知っておく

営業代行業者を選ぶときには、費用対効果の測定方法を知っておきましょう。費用対効果が測定できれば業者を評価しやすくなるため、より自社に合った業者を選べるようになります。

たとえば、アポイントメントの獲得単価(CPA)は、「総費用÷アポ獲得件数」で測定可能です。CPAが低いほど、低コストで成果が出せる業者と判断できます。

成果1件あたりのコスト(受注単価=CPO)は、「総費用÷受注件数」で算出可能です。これにより、自社の商品単価に対して営業代行のコストが適切であるかを確認できます。

複数の代行サービスの料金を比較する

複数の営業代行業者の料金を比較することも大切です。いくつか気になる業者をピックアップして料金を比較すれば、おおよその費用相場を把握できます。

営業代行にかけられる予算などと照らし合わせることで、自社に合う業者を見つけやすくなります。

料金の安さだけで決定しない

営業代行業者を選ぶときには、ついつい料金の安さに目が行きがちですが、安さだけで選ぶのはおすすめできません。

営業代行業者によって得意分野やスタッフの質、サービス内容などが異なるためです。安易に安さだけで決めると、思うような成果が得られなくなることがあるため、サービスの質や期待できる成果の量などの確認も必要です。

営業代行ならSELLMERへご相談ください

営業代行の利用なら、SELLMERをご検討ください。営業のプロフェッショナルが知識や経験を駆使して、企業の営業活動します。具体的な目標設定や営業方針の方向性から、トークスクリプトの作成、リスト作成まで、企業の特徴や商材に応じた総合的な支援をいたします。

料金プランは、コール数に応じて費用が発生する「コール課金型」とアポイントを獲得するごとに費用が発生する「成果報酬型」の2種類からお選びいただけます。ご要望に合わせて個別の価格設定も行っております。

「どんなサービスか知りたい」という方のために短期トライアルもご用意していますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問合せ・無料トライアルのお申込みはこちら

まとめ

営業代行には主に3種類の料金体系があり、それぞれ特徴や費用相場が異なります。営業代行業者を選ぶ際には、どの料金体系が自社に合うか比較しましょう。

営業活動を効率化し、営業コストを削減したいなら、営業支援サービスを活用する手もあります。「SELLMER」の短期トライアルは、こちらからどうぞ。