【法人営業】飛び込み営業の特徴と行う際のポイント

新規開拓営業の際に、飛び込み営業という手法がよく用いられます。しかし、飛び込み営業は辛いというイメージを抱いている人もいるでしょう。 ここでは、飛び込み営業のメリットやデメリット、コツなどについて解説していきます。


この記事は約6分で読み終わります。

【法人営業】飛び込み営業は効率が悪い

飛び込み営業は、事前にアポイントを取らずに、個人や法人へ訪問する新規開拓営業のことです。新人研修の一環として、飛び込み営業を行っている企業もあります。スピード感のある新規開拓を行いたい企業への、営業手法のひとつとして活用されていることも多いでしょう。

しかし、飛び込み営業は、あまり効率が良くないといわれています。

ここでは、飛び込み営業の効率が良くない理由について解説します。

断られることが多い

飛び込み営業は、事前にアポイントを取っていないため、担当者と接触する前に断られることも多くなります。その理由は、訪問先の企業にとっては、突然見知らぬ人が来たということになるからです。対応する時間が取れないこともあるでしょう。

担当者や社長などが不在の場合もあります。迷惑がられてしまい、冷たい対応をされてしまうこともあるはずです。

そのため、労力の割に成果が出ずストレスに感じる人もいます。1日の契約獲得件数がゼロであることも珍しくありません。飛び込み営業を行うなら、そのようなことに耐えられるだけの精神力が必要です。

多くのコストがかかる

飛び込み営業では契約を獲得できる確率が低いため、とにかく訪問数をこなさなければなりません。担当エリア内を、次から次へと移動することになります。

移動手段としては電車や自動車を使いますが、いずれの場合も交通費がかかります。移動距離が長ければ、電車代もガソリン代も軽視できません。

また、訪問先が遠い場合は、移動時間もかかります。1社の訪問にかかる工数が長くなればなるほど、無駄に人件費がかさむことになってしまうのです。

【飛び込み法人営業】得られるメリットも大きい

飛び込み営業は効率が悪いといわれる一方で、次のようなメリットもあります。

メンタルを鍛えられる

飛び込み営業の契約の獲得数や、移動などに費やした時間を見ると、たしかに効率が悪いと思うかもしれません。

しかし、飛び込み営業の経験をすることで得られる、大きなメリットもあります。それは、営業活動におけるストレスに強くなることです。

営業は、目標数値やノルマの達成に追われるほか、粘り強くアプローチしていく精神力の強さが求められる場面が多くあります。そのため、業務を遂行する上では一定のストレス耐性が必要です。

飛び込み営業では、断られることや嫌な顔をされることが多いですが、回数をこなすことでそのような状況にも慣れてくるでしょう。最初はきついと感じていた人でも、物怖じせず冷静に対処できるようになります。

新人研修などで、飛び込み営業を取り入れている企業では、そのようなメンタル面の強化を目的としていることもあります。

顧客のニーズをヒアリングできる

飛び込み営業では、担当者と対面で話すことができるため、即座にニーズをヒアリングできるのがメリットです。訪問先でどのようなサービスが必要とされているのか、すぐに分かります。

また、飛び込み営業で断られた場合も、収穫がゼロというわけではありません。断られたら、自社のサービスが不要な理由を尋ねることができます。

得られた情報は、他者へ訪問する際に活かすことができます。ニーズや訴求できそうなポイントを踏まえた上で提案を行えば、契約獲得できるかもしれません。断られた分に関しては、現時点では売上になりませんが、将来的な売上につながっているはずです。

すぐに成約につながる場合がある

アポイントをとって営業する際には、何回かにわたって訪問して商談を行い、成約に漕ぎ着けるケースが多いです。それに対し、飛び込み営業なら、訪問するタイミングによっては、商談して即日で成約につながるケースもあります。

最初から対面でコミュニケーションを取ることができるため、良い関係性を築きやすいのが、飛び込み営業のメリットです。

飛び込み法人営業を行う際のポイント

飛び込み営業は工夫次第で効率を上げることもできます。

ここでは、飛び込み営業を行う際のポイントについて解説します。

訪問先の企業情報を把握する

訪問先の企業についての情報を集めておくと、会話がスムーズにいくでしょう。訪問先の企業が抱えている課題が特定できていれば、解決の手段として自社サービスを勧めることができます。

そのために、訪問先企業のホームページやSNSなどをよくチェックしておきましょう。

また、訪問先企業だけでなく、その業界の動向についても把握しておくのが望ましいです。そうすることで、相手に寄り添った提案ができます。業界全体についての情報を集めることで、今後訪問先企業の課題となりうるかもしれません。

雑談の話題を蓄えておく

訪問先企業の担当者に対して、いきなり自社サービスを売り込もうとしてもうまくいきません。見ず知らずの人から突然サービスを紹介されても、契約する人はほとんどいないでしょう。

信頼関係を構築するためには、雑談から始めるのが有効です。自然とリラックスした雰囲気を作れるよう、事前に雑談の話題を用意しておくことをおすすめします。

時事ネタなどは、どの業種でも使えて、たいていの人が興味を持ってくれます。ほかにも、相手が興味を持ちそうな話題があれば、それについて予め調べて話すことを意識してみましょう。

訪問するルートを調べておく

飛び込み営業における契約件数は、「訪問数×成約率」です。契約件数を増やすためには、訪問数を増やすことも大切です。

限られた時間の中でできるだけ多くの企業を訪問するためには、事前にルートを調べておくことが重要です。また、エリアを絞るなどの工夫も必要になります。

そうすれば、移動時間を削減できるため、その分訪問数を増やせるでしょう。

そして、リストクラスターMapsなら、自社ならではのオリジナル営業マップの作成ができます。地図上に顧客の多いエリアや少ないエリアなどを表示させることができるため、営業エリアの確定がしやすくなります。効率的な訪問ルートの策定にも役立つでしょう。

「Google Maps API for Business」を使っているため、誰でも直感的に操作でき、ストリートビューやルート検索などを簡単に行うことが可能です。

飛び込み営業をするなら、ぜひリストクラスターMapsの利用を検討してみてください。

まとめ

飛び込み営業は断られることが多く、効率の良い方法とはいえません。しかし、すぐに成約につながる可能性もあります。メンタル面を鍛える目的で、新人研修などで実施している企業も多いです。

飛び込み営業で契約数を増やすには、効率化と信頼関係の構築が求められます。訪問するルートを事前に調べておき、雑談の話題なども準備した上で臨むようにしましょう。

強いエリアの把握や訪問ルートの策定にはリストクラスターMapsが役立ちます。営業活動を効率化するために、利用を検討してみてはいかがでしょうか。